スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年一発目、少~しだけ胸の内を

昨日、監督と直接話をしました。
内容は来季の構想と、来期以降の構想。

まず【来季の構想】として、「決勝で兄弟対決」と言う目標を掲げてこれまで練習やチーム編成をしてきましたが、自分が編成するとメンバーのことを考えてしまい自分が入らないチームが優勢になるような編成を気遣ってしまうため、結果的に自分の理想と懸け離れてしまう矛盾を解消すること主眼を置いて、チーム編成はメンバーの力量を見極めて1軍を編成、残ったメンバーで2軍を編成すると言うものです。
編成は早々に行いますが、これも一部のメンバーが以前から求めていたもので、多分、自分のチームに選ばれるか否かで自分自身の〇〇を探ろうと言う浅墓な考えだと思います。その編成次第でモチベーションを調整する判断材料にしようと言うのでしょうが、その程度の考えでは一生1軍に上がれないことを理解してモチベーションを調整して下さい、と言うことです。モチベーションは調整するものではなく高めていくものだと言うことを理解しない限り、自分の〇〇の対象にはならないと言うことをここではっきり言っておきましょう。

【来季以降の構想】
1番大きいところでは、鎖国状態のメンバー構成から積極的な開国構想に切り替えると言うものです。これに反対意見がある者はメンバー全員のモチベーションを高めるよう努力し、練習参加率の向上と昭和新山参加の安定化に尽力することを大前提に意見して下さい。このような選択を強いられた経緯を理解しない者、原因の一端を担っているメンバーの反対意見は受け入れないものとする!
後は、40歳現役引退を撤廃します。これは若手のモチベーションを高めるための選択でしたが、どうも若手の向上心が見られないことから現状で40歳引退は自分の本意ではありませんし、昨年主力引退をお願いしたメンバーも本意ではないはずです。飲み会度に引退の是非でぶつかりながら若手にチャンスを広げようとした意図を酌んでいたメンバーが殆どいなかったことに、自分としては半ば失望しています。
ですので、心太方式で自分たちを押し出そうとする力を背中に感じる時が“万が一”訪れた時に世代交代を行おうということです。

これは監督の承諾も得ていますので、今月予定している決起集会では優しい口調でこれまで以上に厳しいチーム構想を伝えることになるでしょう。
それで危機感を感じた者だけが、5年後にチームの主力として残っていることも自分の想定するところです。
既に色々な想定はしてあるので、如何なる事態に陥っても臆することはない・・・と言うのが自分の“新チーム構想”、いや“真チーム構想”です。
純血回避なら〇〇〇〇で十分でしょうからね(^^

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

無類の鬼好き

Author:無類の鬼好き
成分の80%が優しさで出来ている無類の雪合戦好きのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
鬼カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。